顎変形症の治療費は総額いくら?顎変形症は保険が適用/私の実際の金額お教えします。

f:id:pachipochi:20200901073548j:plain


「顎変形症」と診断をされた方や、治療を検討している方
治療にかかる費用が気がかりになっているのではないでしょか。

矯正治療って、お金がかかるイメージありますよね。

さらに、
手術を伴う顎変形症の治療は、期間も長く、治療費にも個人差があります。

実際に私は、治療費が気がかりではありながらも、
まもなく約4年間の治療を終えようとしています。

この記事では、「私の4年間の治療にかかった実際の費用について」ご紹介します。

矯正時期・治療内容などによって個人差がありますので、目安としてご覧ください。




治療費の総額は・・・


顎変形症の治療は

術前矯正 → 手術 → 術後矯正 が一般的な流れです。



その全ての治療でかかった費用の総額は・・・


f:id:pachipochi:20200822083209p:plain





約45万円







では、各段階での治療費の内訳を紹介していきます。


治療費の内訳

術前矯正

f:id:pachipochi:20200822085024p:plain


主な治療内容

・親知らず、犬歯の横を抜歯
・手術後の噛み合わせを想定した歯の移動
(前歯の後退・空間閉鎖)


■期間

約2年


■治療費

毎月1回、矯正歯科へ

毎月の平均費用は、約4,000円

治療内容によっては1万~3万円かかる月もあります。

総額:約20万円


 手術の前で結構、治療費かかってたんだな・・・と(;^ω^)



手術・入院

f:id:pachipochi:20200810082208j:plain

■主な治療内容


上顎の骨切りによる移動
下顎の骨部と関節部の分割による移動

ざっくり言えば、上下の顎を動かす手術です。


■入院期間
 
約3週間


■治療費


高額医療費制度を利用して

総額:約12万円
 

入院費用については、こちらの記事で詳しく解説しています。

www.tsukuru-pachi.com

 


術後矯正


■主な治療内容


仕上げ


■期間

約1年


■治療費

毎月1回、矯正歯科へ

毎月の平均費用は、約2,000円

治療内容によっては5千~1万円かかる月もあります。

総額:約3万円


※実はまだ、術後矯正は完全に終わっていません。
もう少しで終わりそう!という時点の総額です。

f:id:pachipochi:20200810081639p:plain



プレート除去手術・入院


■主な治療内容

前回の顎切りの手術では、動かした顎をプレートで固定しています。
顎が固定されると、プレートは不要になるので除去します。

前回の手術から約半年後を目安に行ないました。


■期間

1週間


■治療費

総額:約10万円


入院期間が短いわりに、本手術と同等の金額がかかりました。
これは、高額医療費制度(限度額適用)を利用した上での金額です。

プレート除去手術の内容や入院費用については
別記事でご紹介する予定です。


「医療費控除」を申告したら治療費が戻ってくる!?


「医療費控除」とは

1月1日~12月31日の1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合、
確定申告をすれば、超過した分が戻ってくるというものです。


実は、まだ医療費控除の申告をしていません!



私が治療した2017年~2020年の4年間で
1年間の医療費が10万円を超えた年があります。


『これを確定申告・・・どうやって?』

ということで現在対応中です!

※過去5年前までさかのぼって申告が可能です。

f:id:pachipochi:20200822082641p:plain


皆さんも医療費の領収書はとっておいてください!


こちらも改めてご紹介します!


おわりに


今回、この記事を書くにあたって
これまで溜めていた矯正歯科等の領収書を整理しました。

一番大きな支払いは、手術にかかる費用と思っていましたが
毎月の治療費も塵積って大きな金額になります。


毎月の矯正歯科で支払う額は、そこまで多くないので大きな負担にはなっていませんでした。

そのため、総額50万円という数字を見て
『しっかりお金かかってたんだな~』と実感しました(;^ω^)

ちなみに、治療費の相場は35万~40万円位とのことです。

この記事が、治療を検討する際の参考になれれば幸いです。